2005年12月17日

強調タグ・strongタグとemタグ

今日は強調タグについて説明します。

強調タグとは、strongタグとemタグの2つがあり、ページ内の文字を強調するタグのことを言います。strongタグは文字を太文字に、emタグは文字を斜体にすることができemタグは「強調」、strongタグは「より強調」という意味を持ちます。

視覚のうえでは、文字を太くするにはbタグ、斜体にするにはiタグと全く同じですが、れぞれのタグが持つ意味が異なります。bタグは「文字を太くする」というタグですが、strongタグは「重要な文字なので太くして強調する」というタグで、iタグは「文字を斜体にする」というタグですが、emタグは「重要な文字なので斜体にして強調する」というタグです。

ページのメインとなるキーワードをbをstrongタグに代える、iをemタグに代える、また重要でないキーワードはstrongをbタグに代える、emタグをiタグに代えることでSEO対策になります。

私の場合ですが、iタグとemタグは視覚的に好きではないので全く使用していません。bタグとstrongタグのみ使用しています。strongはトップページで1〜3キーワード、トップページ以外のページで1キーワードのみ使用しています。

(参考)
ホームページビルダーをしようして「太字」に変換した場合、bタグに変換されます。
このブログで利用していSeeSaaブログは「太字」に変換した場合、strongに変換されます。
人気blogランキングへ
posted by wins at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | タグのチューニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック