ブログ専門検索サイトへ登録してアクセスアップ

アクセスアップ方法には様々な手法がありますが、検索エンジン登録は基本中の基本です。
GoogleやYahooの大手検索エンジンはロボットが勝手にやってきて登録されるので、ここでは登録が必要な検索サイトを紹介します。(登録できる検索サイトはたくさんありますが、ブログ専門の検索サイトでGoogleなどの大手検索サイトで上位表示されるサイトを選んでます。)

検索サイトに登録することで検索サイトからの訪問者も増えますし、検索サイトからのリンクが貼られ被リンク数が増え、リンクポピュラリティも高くなります。
リンクポピュラリティとは、「多くのページからリンクされているページは訪問者にとって良い情報を発信している」という評価の考え方です。

ブログ検索エンジン
ブログ検索サーチ
にほんブログ村
BlogPeople
1OSHINET
My blog japan
ブログサーチ
BLOG NAVI
PELOG SEARCH
情報ブログ検索インフォキング
Blog Search
ブログの惑星

人気ブログランキングへ

2005年10月28日

Pingでアクセスアップ

ブログに備わっているアクセスアップツールとして「ping送信」と「トラックバック」があります。今日は「Ping送信」について解説していきます。

インターネットにはブログの更新情報を収集し、更新情報を表示しているサイトがあります。そういったサイトを 「Pingサーバ 」 もしくは 「Pingサイト」 と呼んでいます。このPingサーバに対して、更新情報を通知することを 「Pingを打つ」 と言います。

Pingサーバー(Pingサイト)は、Ping送信で送られてきたブログの更新情報を表示しますので、そのサイトを訪れる訪問者に、自分のブログの更新情報を知らせることができ、アクセスアップやSEO対策等につながるわけです。

使用ブログで多少の違いはありますが、Pingの打ち方は至って簡単です。
ブログの設定画面にPingサーバーのURLを入力する場所が用意されているので、その場所追加するだけで完了です。あとは、エントリーを投稿する度に、Pingサーバー(Pingサイト)pingが送信されます。

現在、私がping送信しているpingサイトとping送信先URLをまとめましたので、参考にしてください。

国内ping送信先一覧(19サイト)

Amagle ping service
Ping送信先:http://ping.amagle.com/

blogdb.jp alpha release 0.9
Ping送信先:http://blogdb.jp/xmlrpc

BOGOOLE
Ping送信先:http://www.blogoole.com/ping/

bolgoon
Ping送信先:http://ping.blogoon.net

Bulkfeeds
Ping送信先:http://bulkfeeds.net/rpc

BLOGGERS.JP
Ping送信先:http://ping.bloggers.jp/rpc/

BlogPeople
Ping送信先:http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

Blogstyle
Ping送信先:http://blogstyle.jp/xmlrpc/

CentralCore
Ping送信先:http://coreblog.org/ping/

gooブログ
Ping送信先:http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

GPOST BLOG
Ping送信先:http://ping.gpost.info/xmlrpc

JUGEM
Ping送信先:http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY

Myblog japan
Ping送信先:http://ping.myblog.jp

NAMAAN
Ping送信先:http://ping.namaan.net/rpc/

PING.BLOGGERS.JP
Ping送信先:http://ping.bloggers.jp/rpc/

Technorati japan
Ping送信先:http://rpc.technorati.jp/rpc/ping

ココログPingサーバ
Ping送信先:http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc

にほんブログ村 Pingサーバー広場
Ping送信先:http://ping.blogmura.jp/rpc/

バンコムブログサーチ
Ping送信先:http://blog-search.net/up.php

こちらにPing送信先URLまとめたのでコピーして使用してください。
http://ping.amagle.com/
http://blogdb.jp/xmlrpc
http://www.blogoole.com/ping/
http://ping.blogoon.net
http://bulkfeeds.net/rpc
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://blogstyle.jp/xmlrpc/
http://coreblog.org/ping/
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.gpost.info/xmlrpc
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://ping.myblog.jp
http://ping.namaan.net/rpc/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://blog-search.net/up.php

ブログランキングサイトping送信先一覧(3サイト)
<注意>こちらはランキングサイトなのでブログの登録が必要です。
元祖ブログランキング
Ping送信先:http://blog.rank10.net/update/ping.cgi

人気blogランキング
Ping送信先:http://blog.with2.net/ping.php/

週間ブログランキングくつろぐ
Ping送信先:http://kutsulog.net/ping.cgi

海外ping送信先一覧(6サイト)
海外のPingサーバーにPingを打ってもアクセスには影響はないと思います。
参考までに掲載してます。
Technorati(海外)
Ping送信先:http://rpc.technorati.com/rpc/ping

WEBLOGS.COM(海外)
Ping送信先:http://rpc.weblogs.com/RPC2

weblogues.com(海外)
Ping送信先:http://www.weblogues.com/RPC/

We Blog Alot(海外)
Ping送信先:http://ping.weblogalot.com/rpc.php

blo.gs(海外)
Ping送信先:http://ping.blo.gs/

ping-o-matic(海外)
Ping送信先http://rpc.pingomatic.com/

こちらにPing送信先URLまとめたのでコピーして使用してください。
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.weblogues.com/RPC/
http://ping.weblogalot.com/rpc.php
http://ping.blo.gs/
http://rpc.pingomatic.com/

人気ブログランキングへ

2005年10月24日

人気ブログランキングへの登録

アフィリエイト成功のポイントはアクセスアップです。
ブログをはじめて、まず最初にやっておきたいのが人気ブログランキングへの登録です。
ホームページではアクセスランキングへの登録効果はそれほど効果を現しませんが、ブログでは違います。

人気ブログのほとんどが人気ブログランキングに参加しているので人気ブログのチェックもできるし、情報収集にも役立ちます。ブログで成功を収めるにはこちらのランキングへの登録は必須といっても過言ではありません。

登録のポイントとして、まずカテゴリー選択があります。カテゴリーを選ぶときは、人気の高いものを選ぶと競争が激しくてランクアップが難しくなります。逆に、人気が低すぎても効果がないので自分のサイトの内容とカテゴリーの人気度を考え合わせて、選択してください。

続いてリンクの貼り方ですが、ブログのトップページのスクロールしないで確認できる位置にバナーを貼りましょう。そして書いた記事の最下部にテキストでリンクを貼りましょう。記事へのリンクは新しい記事を書く度にリンクを貼ってください。

なぜバナーを貼る位置はトップページはスクロールしない位置がよいか分かりますか?
これは人気ブログランキングの訪問者がトップページを見ただけで『このブログには必要な情報は無い』と判断し違うブログに訪問しようとします。その時に再び「人気ブログランキング」に戻る方法の選択肢として「戻る」ボタンから戻る方法と「人気ブログランキングのバナー(リンク)」から戻る方法が考えられます。

記事の最後に「人気ブログランキングのリンク」を貼る理由も同じです。
次に読みたいブログに進むためにリンクがクリックされる可能性があるわけです。
ランキングの投票とは関係ないですがブログからの「出口」を作ってあげるわけです。

人気ブログランキングへ